さらめいろ

節約ライフをしているシドです。自動車整備士2級や浄化槽技術管理士などの資格を持っています。

浄化槽ブロア(エアポンプ)は故障したら通販が安い!資格持ちの私がおすすめ教えます。

下水道が入っていない地域には浄化槽という下水処理場を一般家庭サイズに小さくした設備が入っています。

(私が住んでいる地域も浄化槽が入ってます。)

 

その浄化槽にはブロアという空気を送る機械が付いていますが、これって壊れると結構値段が高くて、きついですよね。

 

業者「私の会社の浄化槽ブロアは新品4万5千円です。」

客「そんなにするの?高いね!」

 

まぁ業者って私でしたけどね(笑) 

私は浄化槽技術管理士の資格を持っていますので働いていた時があります。

 

実際私も高いと思うので、どこを見て買えばいいのかと私のお勧めを教えます。

実際に通販で値段を比べると1万円以上差があったりします。

 

一杯あってどれを選べばいいか分からない人は、どこを見て買えばいいか教えますので是非買ってみてください。

取り付けはゴム管の所にブロアの排出口を入れるだけなので簡単ですよ。

新品が出たら更新していきますので壊れた時の為にこのページをブックマーク(お気に入り)に入れておくのをお勧めしておきます。

 

 《注意》浄化槽の型式で浄化王と浄化王NEXTという型式は同じブロアを買うか外付けでタイマーを付けるようです。

呼び方はブロワー、ブロワ、エアポンプと呼ばれている

ブロアは人や通販によって色々な言い方をされています。どれで検索をしても同じものが出てきます。

英語のスペルがBlowerなので本当はブロワーが正解だとは思います。

 

 

 まず買う前にココを見て調べよう!

買う前に自分の家についている浄化槽ブロアの性能を調べましょう。

 

調べるために見る場所はここです。⇩

浄化槽ブロワの風量の書いてある場所

ブロア本体の横か上にシールが貼ってありますのでそこを見れば風量が書いてあります。

単位で L/min と書いてある場所を見ましょう。

このブロアの場合は2つありますが、2つある場合は数値が大きい方を見るようにしてください。

このブロアの場合は80L/minです。

 

風量のシールが剥がれてたり劣化して見えない時は、後に書いてあるお勧めのブロアの浄化槽の人槽を参考にするか管理業者の方に聞いて買ってください。

 

風量とは

ブロアが一分間(min)に出す空気の量(L)が書いてあります。

80L/minの場合だと1分間に80リットルの空気を出すという事です。

 

浄化槽の人槽や型式で付いているブロアの風量が違います。

住んでいる人が多い家庭は風量が大きくないと酸素が足りなくなってしまったりします。

 

自動逆洗機能付きかを調べるにはココ

画像のこの部分ですね。⇩

浄化槽ブロワの吐出口の本数

吐出口が1本か2本かを見る

これは空気を出す吐出口なのですが、1本のブロアと2本のブロアがあります。

これは2本出ていますね。

浄化槽の型式によって1本で大丈夫なのと、2本必要なのに分かれます。

 

2本必要なブロアは内蔵されているタイマーで空気が出る場所を変える為です。自動逆洗機能、タイマー内蔵などと書かれて売られています。

 

これは元々付いているブロアと同じ本数のを買えば大丈夫です。

右ばっ気や左ばっ気などと書かれているのがありますが、配管を交差させればいいだけなのでどちらを買っても取り付けることはできます。

(浄化槽の型式で浄化王と浄化王NEXTは同じ型式のブロア、もしくは外付けタイマーが必要です)

 

通販での浄化槽ブロアの選び方

探すブロワが決まったので通販で安いブロアを探しましょう。

 

安いやつがいいよな、中古があるやん!

 

そう思って買うと後で後悔します。

中古は中のゴムや磁石が劣化している為すぐ壊れることが多いです。

 

そしてもう1つ知っておきたい事があります。

浄化槽ブロワはゴムで空気を圧縮するダイヤフラム方式ブロワとピストンで空気を圧縮するピストン方式ブロワがあります。

 

ゴムは夏の暑さで伸びてしまい、冬は寒さで動きが硬くなるので早い物ですと1年くらいで壊れてしまうのもありました。

私が働いている時、ダイヤフラム部品の交換は約1万円くらいの修理代がかかりましたよ。

 

ダイヤフラム方式ブロアは本体の値段が安いですが修理が多いので、結果ピストン方式よりも値段が掛かってしまう事が多かったです。

 

ですので、私はピストン方式ブロアをお勧めします。

 

 

私のお勧めブロアはこちら

ピストン方式のブロアメーカーで工進と言うメーカーもありますが、紹介している日東工器の方が安かったので私はこちらをお勧めしてます。

 風量40L/min

浄化槽ブロア LA-40E
風量(L/min) 40L/min 、吐出口径(cm) φ1.8(VP1.3)、サイズ(cm) 横20.7 縦18.2 高さ20.5 、重量(kg) 2.9kg
 

主に単独浄化槽に付いている風量40Lのブロアです。基本40~60Lのブロワには自動逆洗機能はありません。

 

風量60L/min

浄化槽ブロア LA-60E
風量 60L/min、吐出口径(cm) φ1.8(VP1.3)、サイズ 305(L)×214(W)×188(H)mm 、本体質量 5.0kg
 

単独浄化槽や小型合併浄化槽に付いている風量60Lのブロアです。自動逆洗機能はありません。浄化槽の人槽が5~7人槽に付いています。

 

風量80L/min 自動逆洗機能なしの1本のやつ

浄化槽ブロア LA-80E
・風量(L/min) 80L/min 、吐出口径(cm) φ1.8(VP1.3) 、本体質量 5.3kg
 

小型合併浄化槽に付いている風量80Lのブロアです。浄化槽の人槽が7~10人槽に付いています。こちらは自動逆洗機能はありません。

 

風量80L/min 自動逆洗機能有りの2本のやつ

浄化槽ブロア LAG-80E 自動逆洗機能付き
吐出空気量 ばっ気(80L/min) 逆洗(80L/min)、吐出口径(cm) φ1.8(VP1.3)、サイズ 315(L)×229(W)×218(H)mm 、本体質量 6kg
 

小型合併浄化槽に付いている風量80Lのブロアです。浄化槽の人槽が7~10人槽に付いています。自動逆洗機能が付いています。左ばっ気でも右ばっ気でもどちらでも配管を交差すればいいのでどちらでも大丈夫です。(これくらい業者がやってくれるでしょう)

 

風量100L 自動逆洗機能なしの1本のやつ

浄化槽ブロア LA-100
風量 100L/min 、吐出口径(cm) φ1.8(VP1.3) 、サイズ(cm) 408(L)×210(W)×232(H)、本体質量 9.4kg
 

小型合併浄化槽に付いている風量100Lのブロアです。浄化槽の人槽が10人槽か使用人数が多い家庭に付いています。これは自動逆洗機能がありません。

 

風量100L 自動逆洗機能有りの2本のやつ

フジクリーン UniMB100
風量:100L/min、吐出口径:13A(外径Φ18)×2、重量:約5.5kg、散気・逆洗の向きを左右反転させる「反転アダプター」を同梱
 

100Lの自動逆洗機能有りのピストン方式がありませんでしたので、ダイヤフラム式ブロアでのお勧めを出します。

こちらも浄化槽の人槽が10人槽か使用人数が多い家庭に使われています。

 

買ったあとの浄化槽ブロアの取り付け方

上の画像で説明している吐出口を地面から出ている空気配管に取り付けるだけです。

 

アースを取る必要がある場合は元々のを取り付けるか浄化槽管理士に聞いてみてください。

最近のブロアはアースレスになっているのが有ります。

浄化槽まとめ

自動逆洗機能が付いているブロワは普通のより料金が高いです。

しかし自動逆洗機能がないと詰まりますので、吐出口が2つのブロワは同じく2つのブロワを買いましょう。

 

取り付けは簡単なのに自分で通販をすれば物凄く安く買えます。

 

お勧めのブロワは長持ちするのでお勧めですが、他にもダイヤフラム方式ブロワでも風量が合えば何でも大丈夫です。

 

是非お得に買って節約してください。ではでは。