さらめいろ

サラリーマンという迷路に迷い込んだ30代のシドが体験したことなどやお勧めしたいことを書いてます。

浄化槽の料金は高い?点検回数、清掃回数、料金などを安く節約できますよ

f:id:shedkun:20180921231751j:plain

 

こんにちは、浄化槽技術管理士のシドです。 

私が浄化槽点検業者として働いている時に、お客さんに値段が高いと言われていたことがあります。

 よく言われていた事は、

  • ブロワの値段が高い!
  • 点検料金(管理料金)が高い!
  • 清掃(汚泥汲み取り)料金が高い!

このことをよく言われていました。

私は資格を持って点検清掃をしていますが確かに高いと思う料金もあります。

なのでこれらに掛かる料金と回数など安くするための方法を考えてみました。 

節約したい人は最後までご覧ください。

 

 

 

浄化槽で節約したいからブロワを安く売って欲しい

そりゃあ誰だって安くはしたいです。

どの会社もブロワの販売をしているなら工賃(手間賃)は値段に含まれています。

その利益をなくしても売るメリットが会社にあれば安くできるでしょうが、普通一般の家庭にそんなメリットはないですよ?

故障したブロワの修理料金も工賃が入っているよ

もしかしたら多く工賃を取っている会社なら、少しは安くしてくれるかもしれません。

しかし大体の会社で販売品を安くするのは難しいと思います。

どうしても新品を安く買いたいなら、自分で買って付けるのが一番安いです!

取り付けは簡単ですし通販で買えば1万円以上安く買えるかもしれません。

こちらの記事でお勧めブロワと取り付け方、中古ブロワがダメな理由を書いています。

壊れた時は是非見てみてください。


浄化槽の点検料金(管理料金)を節約したい

私が働いている会社の1回の点検料金は2000円~5000円くらいです。

点検回数は1年に4回で契約していましたので大体1年で12000円くらいの点検料金でした。

点検料金は浄化槽の人槽や型式で値段が設定されているので各家庭で値段が違います。

点検料金を安くして!もしくは点検回数を減らして!

こんな意味を含んで、お客さんによく言われました。

 

しかし法律で点検回数は、20人槽以下の浄化槽の場合は4カ月に1回以上はやらなくてはなりません。

⇩参考:環境省⇩

環境省【浄化槽サイト】浄化槽Q&A(回答集)

全部ではないけどほとんどの一般家庭は4カ月に1回だね

4カ月に1回だと1年で3回点検に来るんです。

しかし初めの契約時に大半の業者は点検回数を1年で4回以上に設定していると思います。

会社の利益を得る為、故障や詰まりでの急な呼び出しを防ぐ為、消毒剤がなくなる前に補充する為です

ですが、安くするためには料金や点検回数を変えるしかありません。

年に3回や4回はそのままでいいと思いますが、5回以上の場合は別の会社にも聞いてみるのがいいかもしれません。

点検業者によって点検料金や点検回数が違ったりしますので、自分が住んでいる地域の別の会社に聞くしかないです。

消毒用の塩素や殺虫剤などを無料で使用するところもあるし、有料で使用しているところもあります。

 

どういう点検会社があるのかは市町村の水道課に聞けば教えてくれる場合があります。

違う浄化槽の点検会社に直接料金を聞いてみるのが良いと思います。

 

POINT

浄化槽点検料金を安くしたいなら違う浄化槽点検業者に点検料金、点検回数、塩素代などを聞いて値段を比べる。

 

 

浄化槽の清掃(汚泥汲み取り)料金を安くするには?

さきほどの環境省の参考サイトで書かれていましたが、一般家庭の浄化槽は法律上清掃回数は1年に1回以上やらなくてはなりません。

(全ばっ気浄化槽は半年に1回以上です)

汚泥汲み取り料金は市町村や自治体で料金が決められており、汚泥を汲んだ量によって値段が変わります。

料金を安くするには汚泥の汲む量を減らすしかありませんが、減らすと浄化槽の中に汚れが残ってしまうのでお勧めは出来ません。

ただし、これも業者によって全量汲む会社や適量汲む会社などがありますので自分の家の汚れの量を業者の方と相談してください。

家に住んでいる人数が少なくなったから汚れが少ないってわけではないよ

常に人がいる家だと汚れは多いですし、糖尿病の方などの家はかなり多い汚れになっています。

油料理を多くしている家ですと浄化槽の中で固まって詰まる場合もあります。

トイレットペーパーを多く巻いて使う人がいると、これも詰まる原因になります。

住んでいる人数や料理、トイレ、病気、家にいる時間の長さなどでも汚れの量が変わっていきます。

POINT

汚泥の量は各家庭で違うので浄化槽管理士又は清掃業者の方に相談してみてください

 

 

浄化槽のまとめと法律違反、罰則について

浄化槽に掛かるお金を安くする一番の方法は。

  • 点検回数や料金を見直す。
  • ブロワを自分買って取り付ける

この2つだと思います。

まずは取り付けが簡単で安く買えるブロワからやるのをおすすめしておきます。

清掃を1年以上やらないって事は汚れで詰まりや故障になってしまうのでお勧めできません。

他の人の昔の記事やyahoo知恵袋で、浄化槽法を違反しても罰則がないと書かれているのがありますが罰則はあります。

最大で6カ月以下の懲役、又は100万円以下の罰金です。

点検回数、清掃回数、浄化槽の故障改善が浄化槽法で決められています。

ただし罰則になるまでの手順は、改善通知や市役所などの確認の手順を行っていって改善されていない場合に罰則のなりますので時間が掛かります。

 

「法律を守らなくて点検や清掃をしなくてもいいんじゃない?」

そういう事を考えてはダメです!

点検、清掃の法律を守らないと汚れや大腸菌などが川や海へ流れていくということをよく考えてください。

自分には関係ないと思い守ってない人も実際にいます。

しかし流れた大腸菌が地下水になったり食物にも使われているかもしれません。

近隣に住んでいる自分の子どもや家族にも影響があると思い浄化槽法を守るようにしてください。

地元の川や湖を綺麗だと自慢できるように守りましょう!

以上です、ではでは~。