さらめいろ

独身のシドです。自動車整備士2級や浄化槽技術管理士などの資格を持っています。

浄化槽ブロワの値段の違い。通販で安いダイヤフラム方式もおすすめですよ。

私は浄化槽管理士の資格を持っています

浄化槽管理士として働いていて、浄化槽ブロワが値段高いと思いました。

別の記事では安い通販をお勧めした記事を書きましたが、

長持ちする方がいいと思ったのでピストン方式のブロワをお勧めしました。

しかしもっと安い方がいいって人もいたのでこちらの記事では値段が安いダイヤフラム方式のブロワについて書こうと思います。

通販で買えるダイヤフラム方式で安いブロワを教えますので興味があるかたはご覧ください。

ブロワの見た目では分かりませんので気を付けてください。

壊れたときは是非通販で買ってみてください。

 目次

 

通販ブロワの取り付けと選び方について

 ブロワの取り付けかたと選び方は前に書いた通販の記事をごらんください。

取り付けはゴム管を塩ビ管と本体に指すだけだけどね

こちらの通販の記事を見て風量と、吐出口(空気の出口)の本数を調べれば選ぶのは簡単ですよ。

ブロワを見て1分もあれば余裕で調べられると思うので是非やってみてください。

ブロワに風量が書いてあるシールがない

 そんな場合は浄化槽の人槽を参考にして買うか、点検業者に連絡して風量がいくつのを買えばいいか聞きましょう。

 

安いからって風量が低いブロワを買うと、浄化槽が正常に汚水を処理できなくなって臭いが発生しますので注意してください。

注意:浄化槽の型式で浄化王と浄化王NEXTは同じブロワかコンセントタイマーが必要です。

  

 ピストン方式ブロワとダイヤフラム方式ブロワの違いとは?

 ブロワとは空気を圧縮して押す出す機械なんですが、圧縮して押し出す方法が違います。

ピストン方式は車のエンジンや水鉄砲のように空気を圧縮していて、ダイヤフラムはゴムの伸縮で空気を圧縮しています。

 

 ピストン方式とダイヤフラム方式の特徴は

ピストン方式の特徴
  • 空気圧縮部分が金属で出来ているので長持ちする。
  • 金属なので値段が高め。
  • 故障直前でも空気が出る、しかし音が大きくなる。
  • 音が大きくなるので交換時期が分かりやすい

 

ダイヤフラム方式の特徴
  • 空気圧縮部分がゴムで出来ているので静かだけどゴムが切れやすい
  • プラスチックとゴムなので値段が安め
  • 故障するときは急に空気が出なくなる
  • 交換時期ぎりぎりまで静かだけど急に止まる

こんな感じだと思います。 

私が修理や交換をしてて思った特徴なので確実にこの特徴とは言えないです。

全部が長持ちするかもしれないし、早く壊れるかもしれません。

自分の判断でどちらを買うかは考えてみてください。

 

ダイヤフラムの交換は会社によっても違いますが、部品と工賃を含めて1万円くらいかかるかもしれません。

 

 

通販でお勧めのブロワはこちら

通販でお勧めの安いダイヤフラム方式ブロワを教えますが、長持ちするピストン方式ブロワが良いって人はこちらの記事を見てください。

 ではでは値段が安いお勧めのブロワを教えますので人槽風量吐出口の数を参考にご購入ください。

適量の空気が出れば大丈夫なので、浄化槽とブロワのメーカーは違うものでも大丈夫です。

ちなみに単独浄化槽と言うのはトイレの汚水だけが入ってくる浄化槽で古い家などの浄化槽はまだこのタイプが多いです。

小型合併浄化槽はトイレ、風呂、洗濯機、台所などの汚水が入ってくる浄化槽で新しい家はこちらのタイプです。

 

風量40L/minでおすすめのブロワ

フジクリーン EcoMac40
風量:40L/min
 
 

単独浄化槽に付いているブロワです。

小型合併浄化槽には40L/minだと空気の量が足りなくて浄化槽が正常に動かないかもしれませんので、別の大きな風量を買った方がいいと思います。

 

風量60L/minでおすすめのブロワ

安永 AP-60F 
風量:60L/min
 
 

 5~8人槽の浄化槽に付いているブロワです。

小型合併浄化槽はこのくらいの人槽で付いています。

自動逆洗機能が必要ない合併浄化槽に付いています。

 

風量80L/minでおすすめのブロワ 

安永 AP-80H 
風量:80L/min
 
 

5~10人槽の小型合併浄化槽に付いているブロワです。

自動逆洗機能が必要ない合併浄化槽に付いています。

 

 

テクノ高槻 DUO-80
風量:80L/min 自動逆洗機能が付いています。
 
 

 5~10人槽の小型合併浄化槽に付いているブロワです。

自動逆洗機能が必要な合併浄化槽に付いています。

散気と逆洗の2つの吐出口があります、左が散気のブロワをよく見かけました。

 

風量100L/minでおすすめのブロワ

安永 AP-100F
風量:100L/min 
 

7~10人槽の小型合併浄化槽に付いているブロワです。

住んでいる人数が多い家庭の7人槽などにも付いていることがあります。

自動逆洗機能はありません。

 

フジクリーン UniMB100
風量:100L/min 自動逆洗機能が付いています。
 
 

7~10人槽の合併浄化槽に付いているブロワです。

自動逆洗機能が必要な合併浄化槽に付いています。

80L/minのブロワと同じで散気と逆洗の2つの吐出口があります。

左の吐出口が散気のブロワをよく見かけました。

 

ダイヤフラム方式の浄化槽ブロワのまとめ

ダイヤフラム方式のブロワは当たり外れがあったりします。

長持ちする全然壊れないのもありますが、壊れるのが早い物は1~2年でダイヤフラムが故障してしまいます。

絶対にコッチが良いとは言えないので、ピストン方式と値段を見比べて自分で選んでみてください。

長持ちする方がいいって人は少し高くてもピストン方式のブロワを買ってください。

以上です、自分で買ってお得に取り付けてみてください。

ではでは~。